教会式のプランの決め方

教会式はキリスト教スタイルの式

通常、キリスト教の儀式に則っておこなわれる教会式は、最近ではもっとも一般的な挙式スタイルとなっています。教会式がおこなわれるのはホテルや結婚式場のチャペルかそれぞれの地域にある教会です。教会式を希望する場合には、まず、式場併設のチャペルでするのか教会でするのかを決めなければなりません。結婚式場のチャペルの場合は、披露宴の予約といっしょに手配することができます。また、独立した教会でも、ウエディングプランニングの会社やホテル、レストランと提携しているところもあります。しかし、独立した教会の中には、信者しか挙式できないところもあり、できるところでも自分たちで挙式のお願いに行き、一から手配しなければならないこともあります。

憧れの教会で挙式したいのなら

取り立ててウエディング業界と提携などをしていない教会で、信者ではない人の挙式を受け付けているのはプロテスタントの教会が多いですが、一部カトリックの教会でも受け入れてくれるところもあります。希望する教会があったら、まず、問い合わせをしてみましょう。挙式できる条件はそれぞれの教会によって違いますが、何度か礼拝に参加するとか、結婚についての事前講習を受けるとかを求められることがあり、挙式までに何回かは教会に通わなくてはならないケースが多いようです。挙式を受け付けてくれる教会では、挙式するために信者になることを求められるようなことはありませんが、きちんと教会やキリストの教えを尊重する姿勢を誠意をもって表すことが必要です。