神前式のデメリット

天候の影響を受けやすい

厳かな雰囲気のなか行われる神前式は、和装の挙式を希望する方には人気の選択肢のひとつです。しかし神前式にはデメリットもいくつかあります。そのひとつは、気候や天候の影響を受けやすいことです。神前式には、正装した新郎新婦と家族が境内を行列する「参進の儀」というものがあります。神社でこの行列を目にして、神前式に憧れた方も多いでしょう。しかし屋外を歩くことになるため、季節や当日の天候が大きく関係してしまうのです。

もし当日が雨の場合、花嫁衣装を着けての移動は大変ですし、せっかくの衣装を濡らしかねません。風雨が強い場合は、行列そのものができない場合もあります。そうなったら神前式の魅力が半減してしまいますね。また暑い時期の神前式も大変です。重たい花嫁衣装を着けて屋外を歩くため、新婦が汗だくになってしまうことも。他の参列者も、暑いさなかに歩くのは負担が大きくなります。

列席者が限られる場合が多い

神前式のデメリットのもうひとつは、列席者が限定されてしまうことです。神前式に列席できるのは、基本的には両家の親族に限られます。これは神前式が、家と家を結ぶ儀式という意味合いを伝統として持っているためです。また挙式が行われる神社の本殿は、一般的な結婚式場と比べて小さいことが多く、あまり多くの列席者を収容できないことも理由のひとつです。友人や同僚などにも列席してほしいと考える人には、そこがネックとなるでしょう。ただし、神社によっては親族以外の列席を認めていたり、本殿の扉を開放して外から挙式の様子を見られるようにしたりと、現代に合わせた対応をしているところもあります。希望の神社ではどこまで列席が認められるか、最初に確認しておく必要があります。